若い時代の先行(自己)投資

“成功者は、若い頃から惜しみなくお金を使い、自己投資に励んでいる”という意見があります。
いわゆる一流のアスリートや芸術家、科学者の過去には、そういった自己投資の経歴が
見て取れると分析する識者もいます。
満足に食べれていない見習いの時代から、自分への投資を欠かす事無く続けており、
その自己投資の結果、彼らは成功できたと推論する人々もいるとされています。

現実的に自分にとって大事な知識や情報を得るためには、お金が先立つと言われています。
海外の優れた書籍を買い揃えるにも、資金が必要となってきます。
先立つものはお金、それは世の常なのかもしれません。

自分への適切な投資は、リターンがあると考えられています。
若い頃の大きな消費(海外留学や先行投資)は、結果的に大きな資産(大切な経験)に
なるともされています。
将来への投資としてキャッシングを利用して見るのもオプションの1つだと考えられています。
若い時代の自己投資が、将来の器を決めてくれるのかもしれません。