就職先の選択

この就職難の時代に、若者は就職に苦労しているようです。
私も10年ほど前に同じように就職難で苦労した世代です。

今も昔もそうですが、みんな大企業を志望し、私もその中の一人でした。
しかし、就職難の時代に大企業に入社することは簡単ではありません。
当時、私は金融関係に興味がありました。
銀行や生保、消費者金融など、お金を扱っている業種で働きたいと思っていました。
しかし、結局は中小製造業の事務職に就職することになりました。
今となっては、やはり大企業に入社するのが一番いいと感じています。
収入面や福利厚生面など小さな会社ではそれらに期待することができません。
大企業に勤める友人とは年収の差が開くばかりです。
後悔しているとは言いませんが、残念な人生になってしまったように感じます。

大企業に勤める友人とは金銭面はもちろん、結婚や財産などあらゆる面で差が広がっています。
もう一度やり直せるなら、精一杯勉強をして大企業に入社できる人生を歩みたいものです。