生活費が足りなくなった時の方法

生活費に困った時には、どのようにしているのだろうと思いました。

家賃の支払いや、携帯電話の支払いや、インターネットのプロバイダーの支払いなのですが、私は全て口座から引き落としの契約になっています。
そして、口座から引き落としが出来なかった時には、督促状がくるようになっているのです。督促状に、次回いついつ引き落としをするから、もしくはいついつまでに支払いをしてください。と書かれています。
そして、最終の支払い日までに支払いをしなかった場合は、家賃の場合は保証人である両親へ督促が、携帯電話やインターネットのプロバイダーに関しては、サービスが一旦停止してしまいます。

私の実家から、勤務先まではさほど遠くないので、実家から通勤をすることも出来ます。しかし、私は社会人になったら、1人で色々とやってみたい。という夢があったので、両親には反対をされたのですが、1人暮らしを始めたのです。
もし、家賃の支払いが出来ず、保証人である両親へ督促がいってしまったら。私はすぐに実家へ戻されてしまうでしょう。そして、携帯電話のサービスが停止してしまったら、両親へ連絡をとることができませんし、両親に携帯電話のサービスが停止してしまっていることを知られてしまいます。インターネットのプロバイダーに関しても、自宅の固定電話とあわせての契約なので、同じく両親に知られてしまうでしょう。

私は、必ず生活費を支払う必要があったのです。そして、両親を頼るということは出来ません。
そこで、生活費が足りなくなった場合はどのように乗り切っているのか。世間のみんなはどうしているのだろうか。と思い調べてみました。

結果、消費者金融会社を利用している方が多いということを知りました。
消費者金融会社を利用するきっかけというのは、人それぞれとのことなのですが、生活費が足りなくなったから、付き合いなどでお金が必要になった、急な出費があったから。といった理由からとのことです。