返済方法と遅延について

残高スライドリボルビング方式というのは、借入額、返済が始まった場合は毎月の借り入れ残高に応じて毎月の返済額が決まるシステムです。

では、毎月の返済が遅れた場合にはどうなるのでしょうか。
当然、債務不履行というかたちになり、遅延損害金というペナルティが発生します。

こちらの計算方法についても簡単に見てみましょう。
遅延損害金は多くのキャッシング業者にとって大きな収入源になっているとも言われています。
それだけ返済が遅れる利用者が多いということでもあります。
利用者を保護するために、利息制限法というものが設けられており、遅延損害金の利率は年率の1.46倍を限度にしています。
例えば、年率が20%だった場合、0.2×1.46で29.2%となります。
なお、この利息制限法の適用は、借入時に遅延損害金という損害賠償額の予定がある、すなわち契約時に債務不履行があった場合を想定している場合のみとなりますので、契約時にきちんと確認しておきましょう。